HOME>ホットトピックス>芝生の手入れに使う道具について知っておきたいこと

庭の広さや動力で選ぶ

草刈り

見た目だけではなく、芝の生長のためにも欠かせないのが「芝刈り」ですが、そのためには道具選びも大切になってきます。芝刈りをする機械には大きく分けて3種類あり、「手動式」「電動式」「エンジン式」とがあります。どのタイプを使用するかは好みですが、一般的には庭の広さが100㎡以下であれば手動式のものでも充分だと言われていて、所要時間は2時間もあれば終了します。初めて芝刈りをする方などにも適していますし、値段も比較的手頃です。

種類別の特徴やメリット・デメリットは

芝刈り機

まず「手動式」の特徴としては、電力やガソリンを使用しないため費用が少なくてすみます。動作音もうるさくないので、近所に騒音の迷惑をかける心配もありません。難点は替刃交換が出来ない製品が多いため、刃がだめになれば別の芝刈り機に買い替えが必要になる点です。次に「電動式」ですが、刃がはずせるものが多くメンテナンスがしやすいです。電力を使用するため疲れにくく、連続して作業することも可能です。注意点はコンセントにつなぐ必要があるので、作業場所まで届くよう延長コードを用意する必要が生じます。そして「エンジン式」のものはとにかくパワーが強いです。したがって、広い面積の芝生を刈るには最適といえます。難点は音が気になることで、住宅地で行うにはあらかじめ近隣の方に連絡を入れておくことが必要でしょう。

広告募集中